マグカップ オリジナル

 

歴史

マグカップは和製英語でもともとはマグ(mug)になります。マグは取っ手の付いた大きな円筒形状のカップのことを指します。

カップは初めは中国からヨーロッパに輸入されていてその形は取っ手が無い物でした。18世紀初めにマイセンがカップに取っ手を付けたのが最初と言われています。理由はカップに入ったチョコレートドリンクが熱かったためでした。とてもシンプルですね。その頃はまだカップ&ソーサーが主流であまり浸透しませんでしたが、18世紀の終わりには円筒形のデザインのカップが人気が出始め取っ手付きのマグが多く作られるようになりました。 20世紀の大量生産の時代に入り、マグカップは一般家庭にも広く浸透していったものと考えられます。

今や様々なデザインや形があり、オリジナルで作ることも気軽に出来るようになって楽しみが増えましたね。

 

カップ&ソーサーよりもマグカップ

最近はカップ&ソーサーを購入する人よりマグカップを購入する方が増えているようです。やはり手頃に使えて丈夫なマグカップの方が日常に向いているのかもしれません。

カップ&ソーサーを使う機会は来客時が多いかと思いますが 気の知れたお友達ならマグカップで出される方も多いようです。

マグカップならたっぷり入るので相手のお茶の減り具合を頻繁に気にすることもないですし、普通のご家庭でもマグカップの種類は幾つかありますのでお気に入りを選んでもらう楽しみも増えます。

 

 

MENU